毎度 碧です
m(__)m


嗣永桃子さん⚡️🍑 カワイイをきわめるとカッコイイんだなあ…今も大好きです😍😍😍






スポンサードリンク
 

プロ意識高い嗣永桃子さん、洗練された言葉選び

7/12(水) 4:49配信

日刊スポーツ

プロ意識高い嗣永桃子さん、洗練された言葉選び

ラストライブで久しぶりに「ももち結び」を披露した嗣永桃子さん

<ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>

つくづく頭のいいコメントをする人だと思った。「ももち」こと嗣永桃子さん(25)だ。先月30日、東京・青海の特設野外会場で行ったソロコンサートをもってアイドルから卒業し、芸能界引退したので「さん」と敬称を付けた。この表記にはまだ慣れなさそうだ。

【写真】嗣永桃子「ももち」アイドル人生ピリオド/写真特集

開演前に、最後の囲み取材があった。新聞の紙面の記事は「15年間スキャンダルなし」というワンテーマで書ききったため、質問や答えの全てを掲載することはできなかった。ただ、一言一句に意味があるとも思ったため、ネット上の記事では6000文字以上ある一問一答を全て掲載した。ツイッター上などで大反響だった。

もちろん、自分大好きのナルシシスト発言に代表される「ももち節」は最高だった。取材中に何度も笑わせられ、「記事で使いたいな~」という誘惑にかられた。ラストデーに「6月30日」を選んだ理由を説明した後、「今日は平日ですけども、決行させていただきました。ただ、プレミアムフライデーということで。卒業を決めた後に国が決めたので、国もついに私に合わせるようになったかなと思います」とおどけてみせた。ユーモアに富んでいた。

「言葉の選び方」も洗練されていた。「幸せになってね」と願うファンに向けて「ありがとう」と感謝しつつも、「ももち節」で返した言葉が一例だ。

「私は見ての通りビジュアルもいいし、愛嬌(あいきょう)もあるし、運も持っているので」

「ビジュアル」は「いい」、「愛嬌」は「ある」、「運」は「持っている」。主語と述語が、全て違う。非常にきれいな、テンポの良い日本語になっている。自分もそうなのだが、こういった時「ビジュアルもいいし、運もいいし」「愛嬌もあるし、運もあるし…」など述語が重なりがちだ。ステージ上や、記者からの質問に対して瞬発的にフレーズを返せるというのは、「日本語力」が高いと言えるかもしれない。

嗣永さんの引退について、所属事務所のスタッフは「正直、失ったものは大きい。ああいう頭のいいトークをできるアイドルはなかなかいないですから。もちろん後輩メンバーたちにもセンスのあるメンバーはいますが、嗣永レベルの子はしばらく出てこないんじゃないかな…」とぼやいていた。

かたや、プライベートではスキャンダルゼロ。一部ファンからは「嗣永プロ」と呼ばれるプロ意識の高さで知られていた。イベントごとの囲み取材についても、あらかじめ質問をいくつも想定し、最善の答えを複数準備していたという。芸能界引退後は、児童教育の道に進むというが、個人的には「15年間ずっと気を張り続けて頑張ってきたのだから、しばらくゆっくりしてもいいのでは」と思っています。ただ、親しい関係者は「嗣永は卒業後も嗣永ですよ」と話し、こう推測した。

「ずっとあんな感じでやってきたわけだから、いきなりゆっくりというわけにもいかないと思いますよ。恋愛? 結婚? う~ん、すぐにはできないと思います。嗣永は嗣永。アイドル道と同じように、児童教育の道を突き進んでいくんじゃないですかね」

ももち。いや、嗣永さん。お疲れさまでした、と言うのは、まだ早いのかもしれませんね。究極のプロ意識で次のステージで活躍して、またいつか取材できる日が来ることを願っています!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-01852919-nksports-ent

ネットでのコメントの数々を・・・


「嗣永プロ」
最高の称号だと思うよ。


退き際も含めてプロ…. 確かに安定感あるし 児童教育の分野でも活躍するやろ いろんな意味で賢いんやろな


頭の良い娘さんだと思っていた。確かに言葉を選んでいるのが分かる。見た目は好みの差があるから意見は別れるだろうが製作サイドでは使いやすかったんじゃないかな。今後の活躍を祈念します。


オーディションで合格した10歳の時点で『(好きだった石川梨華は)もう憧れの人じゃありません。先輩です』と言い切り、Berryz工房でデビューしてから数年後には『嗣永プロ』と呼ばれてましたよ。決してここ数年の話じゃない。
そして、人の悪口を言わない。(茶化したりはするけどね)
今の時代の流れにはそぐわないかもしれないけれど、本来のアイドルとはこういうものじゃないの?って思わされる、ホント“稀代のアイドル”でした。


根は物凄い真面目な方だと思う。
この人ならどんな道に進んでも、きっと成功する。


教育実習の容姿や言葉使いはアイドルでは無かった。
子供の相談に的確に答えができる良い先生に成れる。


ももちの爪の垢を煎じて飲まなければならないアイドルはやまほどいるんじゃない?


初めて見たときはちょっと変な子、いわゆる不思議ちゃんだと思った。
でも何度か見かけてからは、すごい気配りしてやっているのがわかりました。
面白かったのは壇蜜と共演したとき。ちぐはぐなやり取りが良くできた漫才みたいで最高だった。
優秀な人には芸能界は疲れる場所かもですね。
お疲れ様です。


アイドルのプロか。素人っぽいのがウケるようになって絶滅種になったよね。


アイドルのレベルを超えて、ステージでは、最高のパフォーマンスをしついたことも忘れてはならない。
歌唱力、ダンスも素晴らしかった。
キラキラしていた。


演じてたキャラには好き嫌いはあるだろうが、素人に毛が生えただけのナントカ48の輩とは、明らかに格は違うと思った。


本当だ。綺麗な言葉選びですね。


ラストコンサートでのももち結び
ここしばらくずっと伸ばしていた髪をそのために切ったと聞いた時に覚悟がすごいと思った
どんな職業でもプロ中のプロは尊敬に値する
お疲れ様でした


自分もファンじゃないが、賞賛の言葉以外浮かばない本物のプロ。


若いのにたいした人です。辞め方も見事だった。


ファンに愛されるアイドルは星の数ほどいるが、事務所からマスコミにまで愛されるアイドルはそういない。

お疲れ様!


ガッツのある子だと思った。
バラエティー見ていて頭の良さにびっくり。
すごい子だ。お疲れさま。
夢に向けて頑張って!


ファンではないけど、
何とかにゃんとか言って、
またアホっぽいアイドルが…って
思ってましたが、何年か前に何かの番組で
あっ!彼女ちゃんとしてるじゃん
えっ?教育免許取った!
凄い!しっかりしてる!
アホっぽいって思っててすみませんでした。
何とかにゃんが可愛く思えてきたばかりだったのに…。


ももち、好きでした!確かに、トークの切り返しを見てると頭の良さとセンスを感じてました。ものすこ努力だったんでしょうね


どっかのグループも、見習って欲しいわ。


NHKのケイタイ大喜利のゲストの時のももちはキレッキレでした。
生放送でテンポが大事な番組の中で、自分のキャラを生放送の中でコンパクトにまとめ 番組のファンの機嫌を損ねる事なくやってのけたので
見事だと思いました。失敗してるゲストが結構いましたので。


出てきたときは、「また、痛い子が出てきたな」と一瞬思ったけど、頭の回転や、返し方、自分をどう写したら番組が盛り上がるか?をちゃんとわかってる子でしたね。
これからも応援してます!


これだけ、アイドルを見事に演じ切った人もまず見たことなかったね。
引き際もすごくよいし。
今後は教育関連で才能を開花して頑張って欲しい。


それがももちなんですよ。
私は最初はももちはバカか?と思って大嫌いでした。
ただ、ももちが何故こんなにもメディアで必要とされているのか?
冷静さとアイドルを徹底する自身の考えの強い方なんですね。
そして学歴偏差値の高さに驚きました。

最後までアイドルらしさを徹底し、自分の道をしっかり歩んでいく彼女は、理想です。
素晴らしい方だと思いました。


未練たらしくぶら下がっている連中に見習ってほしいくらいの清々しさを感じた。
この方だったら良い先生になれると思う。
頑張ってほしい。


ももち。しっかりと自分の道に進んだね。理想的なアイドルの終わり方をしたね。AKBで、卒業してしがみついている人を見ると誰1人活躍してないね。個のチカラがないからね。


テレビでただおちゃらけているアイドルとは全然違う。
児童教育に携わるにふさわしい方だと思います。
これからも頑張って欲しいです。


ヤフコメでも芸能界でも記者にも、ここまで絶賛されるアイドルは珍しい。
引退は惜しいけど、別の道でもきっと成功するはず。
惜しまれつつ引退は、百恵ちゃん以来かな?


根本はしっかりしてる子だったんだね


馬鹿の振りとか、勘違いなフリをしてどちらかというと、ヒールというか、イラッとさせるアイドルだったが、実は賢く子供の教育者としてやっていく、初めてみたときは、うけつけない女だと思いましたが、実は芝居だったのには、ビックリです。頑張ってちょ。


初めてみたときは ん?なんじゃこの子!?って思ったけど
自然に人を惹き付けるものがあって
教育の世界にいくって自分で決めて
進む彼女の決断、努力もすごいと思った
お疲れ様です!
きっと、ももちなら大丈夫!
頑張ってください♪


アイドルという職業のプロフェッショナルだったと思う。
どっかの某グループがアイドルの品位をグダグダと下げに下げる中、この子は本当にアイドルだったと思う。
ファンの質も、どっかの某グループのファンと全く違ったと思う。


前、彼女のお父さんと一緒に働いてたことあるけど、どちらかと言えばお父さんは大人しく寡黙な方でした。最初知った時にはまさかと思いました。


山口百恵を彷彿とさせる引き際の良さ。
そして人前に出る人としての礼儀も節度も兼ね備えてる稀有な存在だった。
ちゃんと自分の立ち位置とかキャラクターを把握してて、自分は何をしなきゃならないかもしっかり分かってた。
頭の切れる人だと思うし、プロっていうのはこういう人のことだと思う。


嗣永九段?的な(意志の)強さを感じるプロアイドルだった気がする。ブレないし裏切らない彼女を支持したファンは幸せだったろうね。


よく知らなかったからおバカアイドルかと思ってたが印象が変わった。いずれ政府の会議に呼ばれるような教育者になってもらいたい。


努力家で賢さも備えたアイドルだった
何か一面だけでアイドルやっている集団とは違っている
今後も自分をしっかり持って行動できそう
卒業おめでとうございます
新しい道でも頑張って下さい


最初は、また変わった子が出てきたと思ったが、こんなにしっかりしてるとは思わなかった。


根っから『アイドル』だった
役割を果たしきった
アイドルでいられない年齢になったから、自分から降りたのかね?
新たな道でも頑張って欲しいな


確かにアイドルの鏡的な存在ですね、他のアイドルも見習って欲しいものだね。


どんな時でも周りをさり気なく誘導してるのがわかる。本物のプロだった。


すごいのは幼い頃から言っていることに一貫性があること。幼児教育も前々からやりたいと言っていたし、アイドルは努力を見せないというのも結構昔からそういう信念を持っていた。
何一つ嘘を言ってないんだな、というのがわかる。それだけに信じられるし、憧れる存在だった。
ももちは今もきっと頑張っていることでしょう。たくさんの子供たちを幸せにしてね。


現役の芸能人の提灯記事はよく見かけるけど、引退してもこんなによく書いてもらえるなんて、本当に全てにおいてプロフェッショナルだったんでしょうね。

自分自身も、多くの人が書いているように最初は『イタイ子が出てきたな……』くらいにしか思ってなかった。

でも、知るにつれ段々と好きになっていった。

もっと早くに気づいていれば良かった……と思わせる、惜しい、しかしながら見事な引退でした。


賢くて可愛くてもトップアイドルになれるとは限らないのが芸能界。


引退ライブの前に後輩達に言っていた、「人を感動させたいなら自分が泣いたら駄目です」って言葉、すごく印象的でした。
カントリーの後輩達もすごく大きく成長していて、今後も楽しみです。素敵な宝物を後輩達に残していってくれたんだと思います(*^^*)


アイドルとしての自分の役割をきちんと演じられて、自分の信じた道をブレずに進む、まさにプロ。25歳でこのレベルはすごい。
児童教育の分野でも活躍しそう。
10年後には、プロフェッショナル仕事の流儀に取り上げられてそう。
20年位経ったら、現場経験を活かして、どこかの大学で教鞭をとるようになり、
30年位経ったら、国連の児童教育分野で働いてそう。
とか勝手に考えちゃ失礼かな。


プロのアイドルが減った中、彼女はプロ中のプロだったのですね・・・
すばらしい!


プロ意識に関してはマスコミが一番見習うべき点なんじゃない?


アイドル時代にもっとグループを取り上げてやれよ
なんで今更


またおバカキャラかっと思い、あまり気にしてなかったけど、たまたまテレビなんかで見ると、この子は賢いなあ〜と思う事がよくありました。この振る舞いのできるキャラはなかなかいないでょうね
引退は残念。新しい道でもがんばってほしい


こんなに否定的な発言されない芸能人て少ないですね!
それも彼女の人柄や努力なんでしょう。
お疲れ様です。


以前テレビで教育実習風景の写真を見たとき、意外性にびっくりしたのとすごく可愛いと思ったのが印象に残っていますね。
ブリブリのアイドル衣装を着てキャラが乗っかるとわかりづらくなるけど、彼女は実はとても美形だし人としてもしっかりした志を持って生きてらっしゃるのだなと。
まだまだ若いのでいろんな道で輝いてもらいたいですね。


道重さゆみと言い嗣永桃子といいハロプロのメンバーカラーピンクはバラエティーに出てトーク力をよく磨いてただけに育児教育じゃなくて落語家とか講談師とか向いてるよなぁって改めて思ってしまう!


どこぞの
自分とこのグループ最大のイベントで
目が点になる発言するアイドルもいるからなぁ


いい記事。すてきやん。


あなたもプロ意識を持ってね。
道児童って何?


プロアイドル。造語かもしれないが、この人の為にある言葉だと思う。


軽はずみな行動、失言がないところは、AKB系列は勿論のこと、
国会議員なども見習うところがあるかもしれません。読んでますか、
稲田さん、安倍君!


握手会でファンが一生懸命話してたけど途中でスタッフにはがされて手を離してしまった瞬間、行かないでとばかりにその手を追いかけてがっちり両手で握って最後まで話聞いて一言返したの見て、すげーと思ったし、こんなことされたら絶対惚れると思った。


テレビでグループの活動とか見てても明らかに一線を画す存在感があったね。
有象無象のアイドルの一人ではなく、ももちってキャラクターを演じ切り、場所によっていじられキャラにもコメンテーターにも姿を変える。

やっぱりすごい人だと思う。


今後のご活躍を暖かく見守りたいですね。






スポンサードリンク
 

しかし、

もっと、注目されて良いミュージシャンとか沢山いるのに・・・


浜端ヨウヘイ