今年の年末は熱いですね。

気温も高いが、

年末ということもあり、

・楽天ではスーパーセール
・Amazonではサイバーマンデー

年始になりますが、
・Yahoo!ショッピングでは、2019年2月からスマホ決済サービス「PayPay」が使える! もらえる!
(PayPay決済で「100億あげちゃう」キャンペーン/20%還元キャンペーン)

などなど、物欲を掻き立てられる日々がしばらく続きそうな中、いかがお過ごしですか?

エコタンク プリンタに買い替えました。EPSON EW-M630T
今回はプリンターの買い替えです。

プリンターは、使う場所や、人、頻度などに違いがありますが、家庭用では特に、変え替えの頻度は低いものですね。

今回変え替えたのプリンターは、事業用に使っていたものです。
事業用なので、メインの機種はゼロックスの複合機があります。

今回はサブ機の入れ替えしました。
控えのプリンターなので、使用頻度は多くは無いですが、毎日使います。
提案書や支払い案内などです。
A4のモノクロ印刷が殆どですが、たまにカラーの資料を印刷したりします。

よくあるインクジェットで、コピーやスキャナーが付いてる一般的な家庭用プリンターです。

最近ではcanon(キャノン)やbrother(ブラザー)のプリンターも人気ですが、メーカーは何故か昔からEPSON(エプソン)が好きで、エプソンが9割です。

EPSON EP-704Aを長い間使いました。
相性が良かったんでしょうね。故障なく長く使えました。
2011年発売ですから良く頑張ってくれました。

インクジェットプリンターのネックは、インク代です。

インクカートリッジ IC6CL50 6色セットエプソン 純正 だと、5,000円程します。

EPSON IC6CL50(エプソンプリンター用互換インク)ノーブランド品だと、1/10位の値段になりますが。

ノーブランド品だと、インクがすぐ無くなるとか、エラーが出やすいとか言われていますが、
純正品でもノーブランド品でも、インク交換の頻度がホントに煩わしいです。

女優の吉田羊さんが出演しているCMが印象的で、気にはなっていました。
エコタンク方式なら、印刷コスト90%CUT!インク満タン1年分。なんてこと言われたらね。

で、今回は、エコタンクにしてみました。

エプソン プリンター A4 インクジェット 複合機 エコタンク搭載 EW-M571TE ブラック (無償保証期間3年/ドキュメントパック非同梱)

最初は、A4のモノクロ印刷ができるだけで良いかなぁ・・・

エプソン プリンター A4 モノクロ インクジェット ビジネス向け PX-K150

でこれを見てました。

探していると、

カラーで印刷できた方が良いかぁ・・・
とか、

レーザーだと早くてキレイかぁ・・・
とか、

EPSONにこだわる必要ないかぁ・・・
など、

優柔不断な性格が出てきて、迷い始めてしまい、
もはや、沼です。

調べれば、調べる程、沼です。

口コミやレビューを見ると、
どんな商品にも、酷評と絶賛があります。

悔しい事に、どちらにも納得させられてしまうのです。

そう。

泥沼です。

もがいて、調べれば調べる程抜け出せなくなります。

私は、この状態が、一週間は続きます。

今回抜け出せたのは、

タイミングよく、吉田羊さんのエコタンクCMを見てしまったので、
エコタンクの選択に至りました。

実際にエコタンクのプリンターを使ったこと無かったので、新しい物への興味が勝った感じです。

しかもエコタンクのプリンターは、EPSONからしか出ていないですね。

選択肢が減って、選ぶのがスゴク楽になりました。

あとは、新しもの好きなので、
2018年10月に発売されたEW-M630Tになりました。

EW-M630T のスペック・仕様・特長

大容量インクタンク(エコタンク)を搭載し、A4モノクロ文書で約0.4円、カラーで約0.9円という低印刷コストを実現したインクジェットA4カラー複合機。
「挿すだけ満タン」インク方式を採用。スクリュー式のキャップを開けて挿すだけで簡単にインク補充が開始され、満タンになると自動的に完了する。
明るく見やすい2.4型カラー液晶モニタを搭載。そのほか、最大150枚収納できる「フロントカセット」給紙により、効率よく大量印刷が行える。

基本スペック
タイプ  インクジェット 解像度  4800×1200 dpi
インク形状 独立 インク色数 4 色
インク種類 染料+顔料 最小インク滴サイズ
カラー印刷速度/分 8 枚 モノクロ印刷速度/分 15 枚
インク・用紙合計コスト 液晶モニタ
タッチパネル 消費電力 12 W
自動電源オン 自動電源オフ
モバイルプリンタ 
給紙
最大用紙サイズ A4 給紙トレイ 前面
最大給紙枚数(普通紙) 150 枚 最大給紙枚数(ハガキ) 30 枚
詳細スペック
スマホ対応  スマートスピーカー対応
機能 コピー
スキャナ
接続インターフェイス USB2.0
有線LAN
無線LAN
その他機能 ネットワーク印刷

自動両面印刷
フチなし印刷

AirPrint対応 
Wi-Fi Direct対応  NFC対応 
エコタンク 
サイズ・重量
幅x高さx奥行き 375x187x347 mm 重さ 5.8 kg
カラー
カラー ブラック
ホワイト

十分な性能を詰め込んだスペックです。


まだまだ、使い込んでいないので、
ファーストインプレッションですが、
全体的に普通です。

使い込んで印刷コストが下がるなら、次も買います。

まず初めに良いなぁと思ったことは、
やはりエコタンクです。

液体のインクを使うのですが、
外からインクの量が見えるのがよい。

今までも、ユーティリティで見えていましたが、あれって当てになりませんよね?
あくまでも目安かなぁ位でしたが、
今回はインクの量が自分の目で見える所に非常に安心感があります。

こういう部分で、つくづく人間だなぁと思うのは、
自分の目で見たものは何故か安心して信じられるんですよね。

最初にインクの準備をするのですが、
何故かインクは全部は入りません。
少し残って、蓋をして置いておく。謎です。

プリンターを起動させると、1目盛りタンクが減るので残りのインクを入れるのですが、全部入らない色がある。謎です。
2種類、わずかに残りました。

で、これで最初の補充は完了します。

インクを補充してる動作や、目で量が見えてるところが、
何かしら、エコを実感できるところです。
根拠は何も無いですがね。

非常に気になるのは、液晶パネル。

字が小さすぎて、読めない!!

ハズキルーペがいるわ!!

液晶は改善してほしい。

殆ど使わないですがね。

それ以外は、今のところ普通です。

今回はブラックの筐体を選択しましたので、
より普通です。

サイズは、今までよりは、若干コンパクトですが、A4サイズのコピーやスキャナー機能が付いてるので、驚くほど小さくは出来ないですよね。
サイズ・デザインも普通です。

音も、仕事中に使う物ですから、極端な異音がするわけではないので、普通です。
めちゃくちゃ静かなプリンターだとは思わないですが、全く問題ないレベルです。

めちゃくちゃ静かなプリンターの動作音はどんなんダロウ・・・
と、記事を書きながら、興味が湧いてきましたが。

誰かが寝ている耳元で印刷するわけでは無いので、通常の動作音でも良いよなぁ。
と、一人納得しています。(笑)

印刷速度も一度に大量に印刷するわけでは無いし、時間に余裕が無い訳でもないので、
こんなもんでしょ。
という感じです。
口コミなど見てると、比較的早いと書いてありますが。
普通です。

今回は、写真などを印刷する目的では無いので、
特にキレイさを求めて無いので、普通かなと。

一旦、まとめとしたら、
普通が一番

という感想に至りました。

で、次も買うか?と聞かれたら、エコタンク買うでしょう。

自宅用のプリンターもエコタンクに買い替え予定です。

>>ここから>>Amazonでエコタンクのプリンターを探す

>>ここから>>楽天でエコタンクのプリンターを探す