毎度 碧です
m(__)m

国会議員夫婦の育休に「全く理解できない」






スポンサードリンク
 
[tip]

蓮舫氏、国会議員夫婦の育休に「全く理解できない」 ネットは賛否真っ二つの大論争に

J-CASTニュース 12月25日(金)18時36分配信

蓮舫氏、国会議員夫婦の育休に「全く理解できない」 ネットは賛否真っ二つの大論争に

蓮舫氏のツイートが波紋(写真は2010年撮影)

 民主党代表代行の蓮舫参院議員(48)のツイートが波紋を広げている。自民党の衆院議員夫婦の育児休暇取得について自身の主張を展開したところ、賛否が真っ二つに割れる論争になっているのだ。

育休取得の意向を示しているのは、2015年2月に結婚した自民党の宮崎謙介衆院議員(34)と金子恵美衆院議員(37)だ。16年2月中旬に第1子が生まれる予定で、宮崎氏は約1か月、金子氏は約3か月間の「育休」を検討している。

■「議員が給与全額保証の育休を優雅に取る」

蓮舫氏は15年12月24日、「一般的にはいいのでは、との反応があるが私は2人とも国会議員の夫婦の育休は否定的立場をとる」とツイートし、両議員の育休取得に反対した。理由について、

「時間的自由度が高い国会議員は、完全育休より公務との両立が可能です。かつ、国会議員の育休は、給与も全額保証で民間より遥かに優遇されている」

と説明。その上で、

「民間と比べ、特権的環境の恩恵を行使するのでなく、普通に保育施設を利用しながら両立をすることこそが、本人の言う地に足のついた政策を立案できるのではないか。または、特権優遇ではない国会議員の育休を制度化する法案を提案するほうが現実的だ」

と、主張した。

衆議院の規則では、出産の場合、自ら期間を決めて事前に休暇届を提出できるようになっているが、育児休暇に関する規定は男女ともにない。そのため現状では本会議のたびに欠席届を出すこととなり、この場合の議員報酬は、現行制度上、全額支給される。

蓮舫氏はツイッターでさらに、「もう一度、言う」と切り出すと、

「マタハラ、制度があっても育休すらとれない現実もある。国会議員のすべき仕事は二人揃って給与全額保証の育休を優雅に取ることではなく、現実に向き合っている人たちを法改正で守ること、だ。この二人の考えを私は全く理解できない」

と、両議員の考えを厳しく批判した。

「マタハラ上司の典型的思考」

 一連のツイートが発信されると、インターネット上で大きな議論を巻き起こした。蓮舫氏のもとには

「なるほど、マタハラ上司の典型的思考と全く同じですね」
「公人の前に一人の人間であることを認めてあげてもいいと思いました」
「世の中への影響力がある議員だからこそ取るべきでしょう」
「育休が『優雅』…?????? 」

といった反論が続々と寄せられ「炎上状態」となっている反面、

「私も同意見。国会の休会期間とかあるし、歳費もそれだけ十分に貰ってる」
「私も同感です。もしも育休中に解散したら選挙活動も休むのかな?」
「賛成。育児休暇を取るなら自分達の給料を下げるなりしてほしい」

と蓮舫氏に賛同する声も少なくない。

反響を受け、25日には「珍しく同意見とか、国会議員でも男性が率先して取得に賛成とか、賛否両論いろいろな声をありがとうございました」とツイート。 合わせて「男性の育休取得は進めるべきです。が、給与全額支給や本会議欠席の是非など問題はあると考えます」と述べている。

一方の宮崎氏は、育休規定を作るための勉強会を立ち上げ、実現に向け活動する意向を示していて、23日更新のブログでは、自身の育休取得について

「次世代の日本のあり方と、女性が輝く社会を実現するための男性の支援を促すためにも一石を投じたい」
「私自身も育児を通して学んだことを地に足のついた政策の立案や、育児の合間に資料や書物を読むことで、時間を有効に利用し、研鑽に励むつもりです」

などと、その意義をつづっている。

1月召集の通常国会の場でも、あらためて議論になりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151225-00000001-jct-soci

[/tip]

ネットでのコメントの数々を・・・

[note]


政治家は職業ではなく任命された期間内労務なので、育休はダメでしょ。育休で国会を離れるのは国会での責務を放棄している。


これは蓮舫が正しいだろう。
国会議員は任期制であり、選挙に自ら立候補して選ばれるもので、他の職業と同列に扱うべきものではない。
選ばれたからには基本4年は何があろうがやり抜くべきだし、万が一任務が全うできなかったら辞任するのがスジ。
育休取りやすい世の中にという主張と今回の行動を同じレベルで語ってはいけない。


蓮舫は好きでないが、ソーリー辻元はもっと好きでない。


国会議員は有権者の権利を代行している。国会議員が休むということは、有権者の権利が損なわれることを意味する。
国会議員は生活のためにする仕事ではない。時間が確保できないなら、立候補してはいけない。


任期中に役職を全うできないなら潔く辞任するべき
家族計画もできないのか


蓮舫は好きじゃないが国会議員の育休はあり得ないと思う。国会議員が育休取っていいなら総理大臣もいいと言う解釈に成りかねない。


じゃあ自分が休みますと報酬全額もらって休むんじゃなくて、国民が育休を取りやすいようにどうしたらいいのか議員として活動していく事はしないのか。


議員なんて会社員感覚でやってるんだろうよ。


育休制度の無かった時代の共働きの親は凄かったんだなぁと思うよ。


「全く理解できないに」に同意見です。
まず、国会議員は、労働者ではない。また、国会議員は、有権者によって選ばれ代表者であり代弁者です。休むことを知っていれば票を入れない人もいたかもしれない。
そして、代わりの人に任せられない特殊性を考えると、そもそも(本来?)家庭優先の人には務まらないし 荷が重い職務でしょう。
本人は国会議員になりたくってなっているわけであり、一般社会の労働者が育休を求めるのとは話が違う。


一般の会社員が育休を取った場合は、その人の仕事を他の誰かがやることができるから穴は空かない。
でも国民から選ばれた国会議員が育休を取った場合、その穴(立場も)を他の人が埋めることはできないはず。
国政に係わる立場で1ヶ月も育休を取っても問題がないのなら、その人はいつもいなくても問題ないっていう証明になるのでは?


この宮崎って人はどんな主張で当選したの?
その信念の最中に育休とりまーすって優先順位間違えてない?
それで仕事になる仕事なのか?
国民の意見、反映する為の年収2000万に歳費だよね。
そのうち、プロ野球選手とかも、シーズン中に育休取るとかいいだしたらどうすんだろ。


自分たちのことは,すぐにやるんだね.
君たちは国民の代表であることを忘れていないか?


蓮舫個人は好きではないが、この意見には賛成する。
投票した有権者の代わりにその場にいるので、
国会に限らず何かしらの委員会においても
そこにいる必要があるはず。
仮に育児休暇を認めるのであれば、
その考え方を受け継ぐ誰かを代理に立てるべき。


この人に投票した人は、まさか途中で給料全額もらいながら長期間休むなんて想定していなかったでしょうね。
産まれて来る子供を思うと、パパやママが側にいてあげる環境を応援したくなりますが、この方々のように選挙で選ばれて今の職についている場合はちょっとどうなのかな。
夜回り先生が「マニフェストに出産した場合は育休を取ります、と明記した上で選ばれたならいいが…」と言って育休に反対していました。


蓮舫に一票。
金持ちのための育休ではない
貧乏人のための育休である


今回は蓮舫が珍しく正しい。
そして女性が輝ける社会ではなく人が輝ける社会を目指すべきなのでは?
まぁ議員の仕事を軽視しすぎだ


蓮舫は大嫌いだけど、これには全く同意。


民主党の誰かが似たことをしようとした場合でも、蓮舫氏は同じように言えるのかな? 全力で擁護すると思うな~~~


相手が誰であれ、その見解を崩さないのなら、この点に関しては支持する。


確かに、特別職が言う話じゃないよね。
特別職を辞するべきだとは思います。


この議員が辞めても代わりはたくさんいるってこと本人たちは理解してますか?
みんな喜んで立候補するはずです。
育休を取るあなたを必要としてくれるなら再度当選するでしょう。
ぜひ辞めて勝負してください!
今が育休問題を考えるチャンスだと思って!


真っ二つ?ヤフーの意識調査では反対派が圧倒的だったが。


任期があり、代理の立てられない重責を担うから高い報酬や相当な額の経費が認められてると考えると、育児に専念しますというのは、任期という点に馴染まないし、代理の立てられない仕事という点からすると責務の放棄と言われても仕方ないでしょ。


夫婦で国会議員というのが、全く理解できない。

それほど軽い仕事なのか?


蓮舫は好きではないが、今回の言っていることは分かる。


これについては全く同意見。


宮崎さんが『育休の間の給料は全てお返しします。』って言ったら話はかわってくるのかな?まぁ、言わないと思うけど。。


これに関しては、蓮舫に御意!!本当に優雅だわ。


初めて名前を聞いたような議員が何の休みを取ろうと国政に影響があるとは思えないが、本当に取得したら次の選挙は落選だろう。


雇われの立場じゃないだろうが。


蓮舫は好きではないけど今回の件は同意。


一般人は取得したくてもなかなか出来ないんですがね。
裕福な議員には一生分からないだろう?


嫌なら他の仕事探したらいい。
有事にもアテにならん奴は、次の当選は無い。


育休取るなら、辞職すべき
蓮舫氏への意見やユーザーコメントでも勘違いしている意見が散見されるが
国会議員を一般人と当列に比較して論ずること自体がナンセンスで
極論すれば、「例えば、総理大臣も公務期間中に育休取っていいの?」と言った部分で論ずるべき課題ですよ?


国会議員の仕事は国会で議論することじゃなく、選挙に勝つことだ、なんて言ってたイチロー君は別にしても、会期中だけが議員の仕事でないのは確かなので、欠勤したら歳費をいくら減額、っていうのは難しいんじゃないかと思います
というか、何%か減額したくらいで、選挙で選ばれた代わりの利かない職務を堂々と欠勤されても、それはそれで問題じゃないでしょうか


私人であればいいと思うが公人で国民の代表として選出されているのだから、公務を優先して欲しいです。過去に議員通しで結婚して、出産経験がある議員がいるなら、どのようにしたか教えて欲しいです。今の時代男女平等と言われているが、自身の職務を全うして欲しいです。何方もおっしゃっていましたが、選挙運動が必要になった場合でも男性議員は育休だから、選挙運動は支援者に丸投げするのかな?政治活動は休みだが、選挙運動はしますって、虫の良い話だと思いますが、、、


取るならもっと国民の手本としてアピールして取れよ。
ただの権利行使だったら蓮舫の言うことも一理ある。


民主党から正論にすっきりしないが、
当然だと思う。


初めて蓮舫議員の意見に同意します。

議員という立場で何をすべきか、それは率先して育休を取ることではないですよね。

この男性議員は休んでも大勢に影響がない人なんでしょう。要するに存在価値のない議員。


行為に対しての審判は有権者がする事だ


今回は蓮舫の意見を支持する


ここ以外のどこを見ても意見はまっぷたつではないんだが…


育休はいいけど、二人して休むとかあり得んでしょ


蓮舫議員のようなツイートは貴重だと思う。国民は国会議員の日々の仕事の内容も、優遇や福利厚生も知らない事が多い。育児休暇中に、給料全額補償って、3ヶ月で、300万円くらいもらえるのかな?


国会議員はその任務を全うしたいといけない。
だから本当は子供作ってる場合じゃない…
まあそんな事やってると次はないと思うけど…


国民にも同様にできるようにしてくれればよい。


今回の事に関しては、蓮舫に賛同する。役所でも、夫婦で役所職員なんてのはざらにいるが、二人揃って育休なんて、ありえない。


そもそも、なんで通常国会期中のしかも始めごろに出産予定日?


議員は雇用されているわけではないので,育休はおかしいと思う。
男性が育休を取ることは否定しないし,推進されるべきことではある。
夫婦で議員だったら,税金の給料二重取りなわけで。


[/note]

この様な議論が出るのは、平和?な事なんでしょうね。

民主主義ですから、色んな意見が出るのは良いのですが、

もう少し、自分たちの立場と、影響力を認識して欲しいですね。

が、

最終的には、選んだのは私達。

議員を選ぶ、私達国民がもっと、

ちゃんとしないといけない

という事なんでしょうね。

反省。

号泣市議はどうなったのかな・・・






スポンサードリンク
 





スポンサードリンク