毎度 碧です
m(__)m


素晴らしい👍永瀬正敏号泣✨河瀬直美監督「光」絶賛の嵐【第70回カンヌ国際映画祭】おめでとうございます。






スポンサードリンク
 

河瀬直美監督『光』カンヌで10分のスタンディングオベーション!永瀬正敏も全員感涙【第70回カンヌ国際映画祭】

シネマトゥデイ 5/24(水) 9:52配信

河瀬直美監督『光』カンヌで10分のスタンディングオベーション!永瀬正敏も全員感涙【第70回カンヌ国際映画祭】

映画『光』公式上映レッドカーペットでの水崎綾女、藤竜也、河瀬直美監督、永瀬正敏、神野三鈴 – Pascal Le Segretain / Getty Images

 現地時間23日、第70回カンヌ国際映画祭で日本勢唯一のコンペティション部門出品作となる河瀬直美監督の映画『光』の公式上映が行われ、エンドクレジット中は盛大な拍手が鳴り響き、劇場が明るくなってからは熱烈なスタンディングオベーションが贈られた。時間にして約10分。河瀬監督、主演の永瀬正敏、水崎綾女、藤竜也、神野三鈴の全員が感激の涙を流し、互いに抱き合って喜びをかみしめた。

映画『光』フォトギャラリー

『光』は、視力を失いゆくカメラマン(永瀬)と、視覚障害者向けに映画の音声ガイドを制作する女性(水崎)が心を通わせていくさまを丹念につづったラブストーリー。上映後の会場を出たところでは黒山の人だかりができており、その中心に居たのは河瀬監督とキャスト陣。興奮冷めやらぬ様子の観客から次々と写真撮影を求められ、口々に「コングラチュレーション!」と祝福の言葉を掛けられていた。

 上映後に取材に応じた河瀬監督は「言葉にならないものが自分の中に込み上げてきて、それをまだ整理できていません」と絞り出すようにコメント。永瀬は「エンドロールであんなに拍手をいただいて、その後あんなに長いスタンディングオベーションをいただいて……。エンドロールが終わったらかっこよく立ち上がろうと思っていたんですけど、(泣いてしまって)無理でした。あんなに温かい拍手は初めていただいたと思います」と笑顔を見せた。

 水崎も「気持ちが涙として表れました。皆さんに観てもらうまではすごく不安でしたが、今日こんなにたくさんの方に観てもらえ、温かい拍手を本当にたくさんの時間いただけて、感動しました。感謝の気持ちしかないです」、藤も「河瀬さんの映画で何か大切なものをもらって、カンヌの観客の方たちからも同じような大切なものを映画人としてもらいました。うれしかったです」、神野も「とても強く映画の力を感じました。カンヌのお客様の拍手がそれをわたしに教えてくれました」と感激の面持ち。

河瀬直美監督『光』カンヌで10分のスタンディングオベーション!永瀬正敏も全員感涙【第70回カンヌ国際映画祭】

スタンディングオベーションに感激の面持ちの河瀬監督

 現地の観客からの「今まで観た中で一番いい映画だった」「涙をこらえるのに必死だった」という感想を受けた河瀬監督は「最高です。混沌とした時代で、何か表現をするときにも混沌としたものを描いてしまう時代だと思うんです。そこに必死になって“光”を見つける物語を作れた……それを観客の皆さんが今の時代だからこそいいと言ってくださったのであれば、わたしは人間に未来があるんじゃないかと思います」としみじみ語っていた。コンペティション部門の受賞結果は28日に発表される。(編集部・市川遥)

映画『光』は5月27日より全国公開
第70回カンヌ国際映画祭授賞式ライブは日本時間28日翌1:15~ムービープラスにて放送

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000008-flix-movi

ネットでのコメントの数々を・・・


永瀬正敏さんの1989年の初カンヌから5本目の出品作品、大きな結果がありそう
レッドカーペットも女性たちをエスコートして素晴らしかった
藤竜也さんが水崎綾女さんを助けてましたね!


映画人が映画を愛していると感じる場所。ってまさにカンヌ映画際の代名詞ですね。(*^^*)
これからもいい作品を作ってくださいね。
(^-^)/


チャンスをいかして頑張ってください( ‘-^ )b


綾女…


キューティハニーや戦隊モノの敵役エスケイプをやってる頃から
気になってた女優さんが、こうやって花開くと…なんか嬉しいね


ロンハーで見たことある


結婚はやまったな。


満島ひかりさんだってアイドル歌手からグラビアアイドル。デビュー作は「モスラ」そしてジャンル系女優を経て演技派とよばれるようになった。彼女もチャンスをうまく生かしたから今日がある。


やりたい


エロい顔と体してるよなぁ。使える写真集をお待ちしております。


28で遅咲きなのかな?
キャリアの長さからだよね。
なんでも若ければいいとは思わない。
芦田さんのように賢ければ子供でも問題ないけど調子乗る場合だってあるし。


>>国際派女優としての一歩を踏み出した

50年前の感覚。


こちらさんは、「特別枠」ではなくて
ちゃんとコンペに招待された正式な参加作です。


「光」差すといいね。


ところでキムタクの駄作はどうなった


歓喜の涙ってイイね!


本当の絶賛ってこういう事。(*^^*)
賞取れると良いですね。


石嶺香織も泣いてたわ


キョンキョンも泣いてたよ!(^ ^)


これこそテレビでも取り上げるべきことなんじゃないかな。


海外ではやたらと評価を受けるけど、日本ではさほど話題にならないのってどうなんすかね?


取材してないのがまるわかり。


この作品は、最高賞も期待されているって聞いていたので
結果が楽しみです。
水崎綾女さんは、ロンハーでパンサーの尾形の相手役を
させられていたけど、いい役をもらえてよかった。


いつからか 映画だけに出演する様になった永瀬さんの一貫したスタンスが素敵だと思います。


アウト・オブ・コンペティション部門とは違うね


コンペティション部門だとメインのリュミエール劇場なんですよね。


何処かの痛快活劇とは、モノが違うって話し?


大衆映画よりも一般受けしにくい芸術性の高い方を選ぶ映画祭だから、いいんじゃないの?
確かにスタンディングオペレーションはお約束みたいなもんだろうけど、その場にいれば本当に称賛してるのか、単なる社交辞令かはわかると思うけどね。


永瀬さんが日本のドラマにはあまり出ないで映画に出るのが今の日本の芝居界の全てを物語っているのでは?


みよう。最近、永瀬はいいね


おめでとうございます(^-^)


NHKの朝番組でチラッと放送されたのを見ただけでも、
かなり引き込まれる作品でしたよ。


来年は丑嶋社長が


さすが河瀬監督。カンヌの常連だけのことはある。もっとも、この監督の映画で「面白い」と感じたことはないけど。
「興味深い」とは、いつも感じるが。


盗ってからにした方がいいよ。
大げさに書くと後が恥ずかしいよ。


カンヌの時期になるとすごく取りざたされるけど
それ以外では全く話題に上らない監督さん。


カンヌ映画祭は同じ監督作品が目立つ気がするけど
選考理由はなんだろ。
何にせよ受賞は素晴らしいけどね。


監督が女優と勘違いした格好している。

いい監督というよりは、カンヌ受けがいいんでしょうね。


パルムドール、ダァレも知らなぁぁぁあい!
イェァーーーイ!


海外ではライブもスマホ撮影OKだったりするのでしょう?

そろそろ日本のいろんなシーンでも時代に合わせた対応が必要だと思う。


やすらぎの郷でも、超もてキャラだからね


75には見えない。
こんなカッコいいおじいちゃんいたら自慢だな。


こんな年の取り方をしたいもんだな~~!カッコいい!


バラエティで拝見した時も謙虚で素敵な方でした。これからも渋い演技を見せてください。


良い感じの年の取り方してるなぁ


懐かしの日活黄金時代のスターも、もう75歳か、渡哲也、沖雅也、郷鋭治、原田芳雄さんらと映画スターでしたね 時代の流れを感じながらも、藤竜也と言う男を生き抜いて下さい


この方に抱かれたいと思う方って何歳くらいからですかね?

40代以降ならアリお思える方はいそうな気が。


海猿1の教官役はかっこよかったな。映画が締まった。2以降はなんか?と感じになった。


カ、カ、カッチョイ~!

帽子のかぶり方も、こなれてリラックスした服装も、流石だわ。

コンペティション部門、河瀬直美監督、「愛のコリーダ」カンヌで特別再上映、大島渚監督…。
これだけキーワード揃ってれば、フランス人にもグローバルの映画メディアにも注目は圧倒的にこっち。
なのに、賞関係ない部門でゴリ押し出席の、カンヌだからって気合い入れまくって滑りまくったw 大根ジャニタレしか追わない日本の無能マスゴミども…。

だから日本映画界・ショービズ界が廃れるんだよ。


今後のご活躍を暖かく見守りたいですね。






スポンサードリンク
 

しかし、

もっと、注目されて良いミュージシャンとか沢山いるのに・・・


浜端ヨウヘイ